大間原発訴訟の会

活動のお知らせのページ

HOMEへ戻る
5 / 31 更新
活動の予定
5 / 31 更新
裁判関係
5 / 31 更新
原告募集
6/ 8 更新

お  知  ら  せ    ( 6月 8日(水)更新)   〜New〜
1.裁判期日が追加されました(5月27日の協議の結果)                   〜New〜  

     追加期日  6月21日(火) 午前9:30〜 裁判所進行協議期日 (傍聴できません)
       〃    
7月 8日(金) 午後1:30〜 第3回弁論準備期日 (    〃     )
                        
午後3:00頃 第20回口頭弁論期日 (傍聴できます)


   河合弘之監督映画 「日本と原発 4年後」(続編) 主催:大間原発訴訟の会
  2016年4月の道南地区の上映会 予定通り全6会場で終了しました。
 

2.2016年4月8日(金) 函館地裁で第1回弁論準備期日 開かれる    
           多数の弁護団の方々が参集され、人数制限で原告1名のみ参加しました。
           証人尋問と証拠調べに向けて、裁判官・原告・被告の三者の協議が行われました。

3.2016年度 総会 6月18日(土) 13:00〜 於:函館市亀田福祉センター

  (詳しくは6月初旬発送予定の「会報41号」をご覧下さい。証人尋問一覧といっしょに裁判傍聴希望用紙
   同封します。9月以降の証人尋問期日を確認の上、事務局にご連絡下さい。)

4. 2016年3月3日(木)、函館地裁で 第19回口頭弁論。
      午後2時30分 開廷
                 弁護側、被告側 それぞれ準備書面提出
                 弁護側 只野弁護人から被告側に質問
                 口頭陳述 原告の二人(岡本さん、豊田さん)
         2時50分 閉廷

      その後の進行協議で、新たに
来年(2017年)の1月と3月のスケジュールが示されました。
      いよいよ、7月以降から本格的な審理(証人尋問に向けて)に入ります。
      みなさん、どうぞご支援をお願いいたします。
       詳しいスケジュールと予定されている証人は −裁判関係のページ− をご覧下さい。


5.2016年2月6日(土)
 佐藤暁氏講演会   『ウソを暴く・・・・日本の規制基準は世界一厳しい??
         60名が参加し、分厚い資料をもとに、初めて聞く内容の1時間半でした。
         [佐藤 暁さん: 元米GE社技術者、現在、原子力コンサルタントとして、原発にもっとも精通する人物の一人。
                   鹿児島川内原発訴訟で、住民側の意見書を提出。]
 
        講演会の抜粋については次のリンクをご覧下さい。 satoh-kouen.doc へのリンク

6.2015年12月11日(金)、函館地裁で 第18回口頭弁論。
      その後の進行協議で、裁判所側から一審判決までの大まかなスケジュールが示されました。
      いよいよ、
2016年から本格的な審理(証人尋問・証拠調べ)に入ることになりました。
      みなさん、どうぞご支援をお願いいたします。

       詳しい報告は −裁判関係のページ− をご覧下さい。


      報告集会の後、17:30〜19:30 町田 洋氏(元都立大・名誉教授)の講演会が行われました。
      第四紀火山とテフラ(火山降灰)についてのすばらしい講演でした。
      翌日、好天の下、銭亀海底火山のテフラの様子を巡視しました。町田先生、お疲れ様でした。

7.
2015年9月24日(木) 第7次原告団の提訴しました。
    第7次原告53名が、函館地裁に提訴しました。 原告総数は、1,063名となりました。
    訴訟は、これから正念場を迎えます。さらに多くの方の支援を求めて、第8次原告の募集を
    2016年2月いっぱいをめどに行っています。


8.西尾 正道(北海道がんセンター名誉院長)『放射線障害の真実』
     2014年6月22日(日)函館市亀田福祉センターで行われた講演会(大間原発訴訟の会:主催)
    での西尾先生の講演資料のPDFファイルです。次のリンクで 20140622nisio1.pdf へのリンク で

    ご覧下さい。西尾先生から承諾いただき、資料を掲載 しております。
    がんの放射線治療の第一人者が語る赤裸々な真実をご覧下さい。
   『放射線健康障害の真実』など、書籍の紹介は 次のリンクで、 nisio2.pdf へのリンク をご覧下さい。


9.カンパのお願い・・・・・ 今後の証人喚問(全日、8回を予定)に向けて          〜New〜
     「訴訟の会」では、訴訟を継続していくために、カンパ(寄付金)をお願いしています。
    2016年は、 5月22日(金)までに70万円近いカンパが寄せられています。ありがとうございます。
    これから1審の正念場(証人尋問や証拠調べ)を迎え、予想を超える費用が必要となります。
     なお、支出項目・金額については、定期総会及び会報でお知らせします。
        郵便口座名[大間原発訴訟の会]
        郵便振替口座 02710−0−96583